Orion Arm イメージ画像

更新情報

新月期 の 三連休 なのに 今年ははやくも 冬型快晴はなくなり、霞んだ 春の空に 移行しています一方、太陽は季節とは関係なく 特大フレア を連発しています撮影の半日ほど前には X3.3 のフレアが南西端で観測されましたが、残念ながら 日本から見える時間帯ではありませんさ
『2/10 の 太陽面』の画像

1/13 の午後は急速にくもり、みぞれ混じりの雨で、横浜 は 初雪 になりましたしかし荒れた天気は 急速に抜けていき、夜は風の弱い 快晴の 天気予報です冬の 南伊豆 は星は よく見えますが、強い 西風 で 潮風がたたきつけ、望遠鏡を出していられるような状況ではありませ
『星見 無風の 南伊豆へ』の画像

プロミネンス は頻繁に 噴出しているのになかなか 捉える チャンスは 巡ってきません1/13の 太陽面は プロミネンスはほとんどなく、小型の 黒点群が10個以上も見え、可視光ではにぎやかなのに、Hα光ではそれほどでもありませんそんななか、いちばん 活動的な 3540群
『1/13 の 太陽面』の画像

11月に導入した PC モニタースピーカーフラット補正を入れても  いまひとつ キレ の悪さは残ったままでした感覚に訴える 装置は上を知ってしまえば キリがありませんが、まだ耳が 聞こえるうちに まともな 音を聞いておきたいものです折からの 年末ポイントアップ や キャ
『PC スピーカー 入れ替え  スピノラマ って ?』の画像

正月明け にすぐ 三連休になる ハッピーマンデー法は 昭和世代には違和感が強いですが三連休は しっかり 休みますそんな 連休スタートの 太陽面は元旦に X5.0フレア を放出した 3536群 が 見やすい 位置に回ってきました高エネルギーの証、白く飛んだプラージュの 広がり
『1/6 の 太陽面』の画像

2024年 スタート の太陽面は クリスマス の太陽面よりかなりさびしいですが、初日の出の時間に合わせたように、東端の 3536群から X5.0の 超特大フレアを出しましたフレア から2時間半後の撮影では ポストフレアループを期待しましたが、短時間で 消失したようで、目
『1/1 の 太陽面』の画像

クリスマス の 太陽面 です冬型の気流で 太陽ほどの大きな天体でも ピント合わせに 苦労させられましたしかし 活動極大期らしく、濃い ダークフィラメント に 多数の 低緯度 黒点 が見えていますプロミネンス は ショボいのがちょっと残念2023 / 12 / 25 の 太陽面  画像ク
『12/25 の 太陽面 クリスマス』の画像

一日中 快晴で 南風の 強かった 12/7太陽では朝から 巨大 な プロミネンス が噴出していました変化の早いプロミネンス噴出、濃く写る時間はわずかです今回のプロミネンスはチャンスを逃し、かなり淡くなっていました太陽の北端にかかった 淡い ループ は 眼視では 右側の
『12/7 の 太陽面 巨大 プロミネンス』の画像

PCモニタ の両脇に置いている 安物 スピーカーPC作業の ニア フィールド でしか使わないため 小音量 専門 ですが、まあまあ クセ のある 鳴り方をしますスピーカー背面のツマミを回して低音側を -6dB 絞っても低音が膨らみ ブーミー に聞こえますこのままでは 長時間は
『スピーカー・キャリブレーション』の画像

衝 の 木星 ですひさしぶりの 木星 撮影です今年は10月後半になっても シーイングが良いとの 報告があちらこちらに挙がっていましたしかし私の シュミカセ は大型のため、昼夜の大きな寒暖差に 温度順応は追従できず、木星を導入し、アイピースを取り付ける前に接眼部から
『11/3 の 木星 衝』の画像

↑このページのトップヘ